「ほっ」と。キャンペーン

気まぐれ写真工房

46年前の豪雪(38豪雪)

※ 新潟県長岡市 昭和38年1月
38豪雪・・・中学生の時、同級生からもらった玩具カメラで昭和38年の豪雪を撮影
使用フィルムはボルタ判で、主に玩具カメラに使用されたフィルム、裏紙付きの幅35mmで、
パーフォレーションのない135フィルムだった、(現在は製造されていない)
保存状況が悪く(46年前)フイルムは傷だらけですが、あえて、そのまま修正していません

※ 玩具カメラ(ボルタ判フィルム使用) 詳細不明
※ 大雪により電柱の外灯も雪道から1mくらいの高さになってしまった
e0149577_2325196.jpg

※ 平屋の家は、雪に埋もれ屋根の上だけが見えている、
道を歩くときも、電線の下をくぐりぬけて歩かないといけない!
e0149577_23253233.jpg

※ 2日つづきの大雪と、雪下ろしにより埋もれた家並み、
このあとの一斉の雪下ろしで、屋根より高い雪道になった
e0149577_23254770.jpg

※ 写真右側が道路なんですが・・・道が無い!
e0149577_2326102.jpg

※ 写真左側が道路です、屋根より高くなりました!
e0149577_232627100.jpg

※ 写真後ろ側が道路です、周りの家は見えません!
e0149577_23264132.jpg

※ 数日後、電気工事屋さんも、雪の下になったり、切れた電線の修理に、大忙しだ!
e0149577_23265346.jpg

※ 道路に積み上げられた雪、左に立つ男性は、いとこの当時高校生です、
某高校の柔道部主将だったので、身長も体格もかなり大きい、積み上げられた雪の高さがよくわかると思う!
ここは市内中心部よりかなり離れたところだが、中心部は、もっと高く、整然と積み上げられ、延々と続いていた
e0149577_232781.jpg

※ 子供のころ、日光写真が、夏祭りの夜店で売られてた、ネガフイルムのようなものと、感光紙を重ねて、
太陽の光にしばらくさらしてから、フイルムを取り除くと絵が現れるものだった、
団塊世代の男の人は記憶にあると思う、・・・私が写真?らしきものに興味を持った最初だった!

※ 当時の玩具カメラのボルタ判フィルム、この46年前のフイルムが、未だに手元にあるのは奇跡に近い!
この頃は、3コマずつカットだったが間もなく、6コマカットになった、これ以外に数本ある。
上下にフイルム送り用の穴があいていない珍しいフイルムです、 ケースには、みのりフイルムと印刷されている!
このフイルムを見つけた時は、懐かしく、しばらく当時を思い出していた・・・
e0149577_23272351.jpg

[PR]
by nekosan61 | 2009-01-02 00:00 | 季節(冬) Winter